好きな漫画の話 - ANGEL VOICE

いい歳してマンガ好きです。
マンガ読んでると幸せです。


小説も好きだけど
没入するまで時間がかかる

その点マンガはソッコー没入。
お手軽で良いですよね (*´ω`*)


ちなみにマイベスト漫画
不動の一位は「鋼の錬金術師」

何が好きって作者が絵に頼らず
ちゃんと物語を練り上げていること


読者にしてみたら
作者は船長みたいなもの

一度「物語」という船に乗ってしまったら
あとは船長に任せるしかない訳ですよ


それにも拘らず読者を
どこに連れていくのか
大したプランも責任感もなく
その時興味あるものに引きずられて
行き当たりばったりで
右行ったり左行ったりする
無責任なマンガ家の多いこと・・・

富樫、お前の事だよ!


そんな漫画家が多い中
「鋼の錬金術師」は
最後までブレることなく
数々の名セリフと
適度な寄り道で
読者を飽きさせずに
目的地であるエンディングまで
連れて行ってくれました。


でも今回は鋼のお話ではなく
もっとマイナーなマンガのお話


「ANGEL VOICE」という
サッカーマンガがあります。

※画像はイメージです

おそらくあまりメジャーじゃないです (・×・)

ストーリーはルーキーズのサッカー版というか
ヤンキーが熱血コーチの下でサッカー頑張る
という極めてありがちなお話


でもこの漫画の凄いところは1巻の表紙

物語が佳境を迎える
35巻の一コマが1巻の表紙なんですよ

1巻を書き始めた時点で
既に35巻がイメージ出来てた?

それともそのコマから
描き始めて逆算したの?


個人的にはこれぞストーリーテラーの
鏡じゃないかと思うんですよ


読者をストーリーに引きずり込む以上は
ちゃんと目的地であるエンディングまで
連れて行って欲しいわけ

逆に目的地が分らないなら船を出すな!


その点このマンガ、出色です。
一度手に取ってみて欲しいなぁ


▼閲覧数の多い記事